トップイメージ
「スプレッド」とはFX取引は通貨ペアを売買の注文をして利幅を得る投資です。売買の値は、動いています。これが為替です。インターネットを見ていると通貨の為替相場の情報が流れます。たとえば、「本のドル円相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。それは80円50銭から80円52銭の幅の中で取引されているという事を示しているのではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭ということを表現しています。別の表現をすると売り買いには買いと売りの2つの値段が存在する事を示しています。売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と表現しているFX業者もあります。売値が買値よりも低い値段になっています。実際に買うときには高く、売るときには安くなります。この差をスプレッドといい、取引業者の収入の1つになっています。スプレッドの差は業者によって変わります。スプレッドは手数料になるので狭い取引会社をセレクトするほうが有利になります。ただし、同じFX業者でも状況によってスプレッド幅は変化します。例として平常時は円とドルの通貨ペアで1銭のスプレッドの広さだったとしても為替相場の上下が大きい場合には1銭よりも広くなったりします。という事で、スプレッドの広さが狭いのと同じくらい変化しないのが重要です。最近では固定でスプレッドの差を見せる取引会社も存在します。現実に取引会社の売り買い画面の中で実際のレートを確かめなければ見分けられないので面倒くさいですが必要不可欠な事です。重要な資金を賭けてエントリーするわけですから、現実のトレードの前に魅力的に思えたFX業者の新規口座開設を試して表示されているスプレッドの幅を点検しましょう。同じ通貨でも、その場面でのマーケットの状況によって通貨ペアのスプレッドの狭さは異なる場合があります。一般的には、銀行間取引市場で流動性の高い通貨ペアではスプレッドの幅が小さくこの他の通貨ではスプレッドの差が広くなる事が多いです。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.circleofhoperoundup.com All Rights Reserved.