トップイメージ
借入に関しての支払い方法というものは、会社の方針によってかなり差異というものがあり様々なやり方が取り入れられてます。一般的には残高スライド方法やリボ法が選択されているみたいです。またこのような多くの人が聞いたことがあるリボルディングですけれども本当のところ算定手法に多くの種類といったものがあったりするのです。そしてそんな手法に応じて引き落しトータルが違ってしまいますから理解することで負担になることはないはずです。しからば理解しやすくそれぞれの方法のへだたりについて説明しましょう。一つ目は元金均等払いでもう一つは元利均等払いです。それぞれその名を冠する通り元本に関してを均一にして支払っていくというものと、元本と利率を全部で均一に返済していくという方法になります。ここでは10万円キャッシングしたと設定し実際問題としていかような算定をするのか試してみます。利子はいずれも15%と仮定し計算します。更にリボルディング払いに関しての返済額を1万円として計算します。差し当たって元金均等払いからです。かような折の1回目の支払いについては1万円に対して利息分の1250円を足した支払になります。その次の返済は1万円に利子1125円を合計した引き落とし額となります。こういうふうにして10回分にて支払を終わらせるといった形式になります。他方で元利均等払いというのは1回目の支払いは1万円でそこから元本へ8750円利息へ1250円というようにして分配します。次回の返済に関しては元金が8750円に減った状態で利子を算定し、1万円をまた分配します。つまり、元利均等払いのケースでは10回で支払いが終了しない勘定になるのです。たったこれだけのギャップで双方がどのくらい変わっているかがたっぷりと分かって頂けたことと思います。元利均等は元金均等に比較し、明瞭にもと金が減るのが遅延しているというような欠点があったりするのです。則ち金利というものを余分に返済するというような状況になってしまうのです。一方、1回の引き落しが些少な額で済むと言う長所というものもあります。かような引き落し方式に関するへだたりにより引き落しトータルというのは違ってくるのでご自分の好みに応じた使用法を取るようにしていってください。

リンク

Copyright © 1998 www.circleofhoperoundup.com All Rights Reserved.