トップイメージ
いよいよ仕かける時という段階では一番に下準備をしなくてはいけません。売買を始める前であるならば、その物を論理的に見ることのできる余裕がある。しかし、ただ一度相場の内部へ入ってしまうとどう工夫しても考え方が自己中心的になる事が多く重要な時に冷静な状況判断ができなくなる不安があります。だからこそ冷静なうちにしっかりと事前準備をしておくことが必要です。”準備”のためには、とにかく自分のシナリオを描くことからスタートします。この先の相場はこうなるだろうから、この通貨を勝負するというように、自分だけのシナリオを立てていくのだ。次に時間足チャートをチェックしましょう。それ以前の相場の推移を調べて値動きを調べます。そうしたら、「今は結構高い段階である」とか、または「もうすでに大方の方々が勝負している、これから自分が買い(または売り)してももはややりようがない」ということが見えてきます。当然ですが売り(または買い)するが間に合わないなと考えたならば、エントリーしないで、そこのところはきっぱりとあきらめることか重要です。どうやっても自身の台本を押し通して、諦めずに売買すると相場にやられてしまい、それどころか損失を被ることになりかねない。とは言うものの多くの状況で準備が出来ている自らのストーリー展開を描いているとすれば、売買が遅いなという具合にはならないだろう。大方、具体的に市場が動き出す前の状況のはずだからです。その次は、差し当たり自分がとろうと検討している売買ポジションの推移を正確に把握する事が必要です。もし、円安になるという台本を作成したのであれば、該当する通貨の推移に気をつけておきます。マーケットの変化を確認し始めたばかりでは、まだまだその通貨は大きく推移する素振りを見せることはなく、上下に小幅な動きを繰り返しているだけだろう。ところが、その上下動を見ているとあるところで少しずつ、円安の方向へと外国為替相場が変動し始めます。ここで、ドル買いの新規取引します。普通、そこまで周到に準備を考えておけばその売り買いで勝利する率は相当大きくなるはずです。

リンク

Copyright © 1998 www.circleofhoperoundup.com All Rights Reserved.