正確にはノンフリート等級別料率制度という名で

-

-

自動車保険には、みなさんもご存知だと思われますが通称「等級」という数字が存在します。

正確にはノンフリート等級別料率制度という名で、保険の料金にかなり大きく関わっています。

等級という制度は、クルマの損害保険の被保険者の公平性を担保することを目的とすることで事故を発生させる危険性あるいは、クルマの損害保険を用いられる現実味がより大きければ高いほど月々の掛金が値上げされます。

その反対に事故を起こしてしまう現実味がより低く保険を使うとはあまり考えられない加入者は低リスクのドライバーであると認定され、安くなります。

安全に車を利用する利用者の人が有利な機構には違いないので、事故を発生させやすい保険利用者には多少デメリットのある決まりであるといえるでしょう。

等級というものは、良い運転者と事故リスクがより高い加入者の掛け金が同じ額だと公平でないと思ってしまう人が多いですし、会社サイドにとっても支払額を押えるために否応無しに必要な仕組みだと考えられるのです。

さて、等級という枠組みが実際に一体どういった制度なのか端的に説明しましょう。

まず、等級には1等級に始まり20等級まで設定されており、級が増える毎に月々の掛金が安価になる枠組みになっていることが重要です。

第二に、1等級?3等級までは引き下げられず、逆に保険料は高くなり、自動車事故を起こしてしまい自動車保険を適用すると3等級引き下げられより負担が大きいクルマの損害保険を支払うことになります。

そしてまったくはじめて車の保険に申請する場合は6等級から始まりとなりその等級から等級が低くなっていくのか高くなっていくのかは契約者の今後次第です。

だから、掛金を安くしたい人は、交通事故を発生させないように余裕を持った運転に留意するのがまずは最も大事です。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.circleofhoperoundup.com All Rights Reserved.