4銭になる事があります

-

-

「スプレッド」とはFX投資は外貨を売買の注文をして利益を上げる商品です。

売買の注文の価格は、常時上がったり下がったりします。

これが為替レートです。

ラジオを聞いていると、通貨のレートの話題が流れる状況があります。

たとえば、「ただいまのドル円相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という風にです。

それは80円50銭から80円52銭の幅の中で取引されているという事を示しているのではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、であることを意味しています。

すなわち、FXには買いと売りの2つの値が存在している事を表しています。

売値のことをBID、買値のことをASKと提示しているFX業者もあったりします。

通常は買値よりも売値が低くなるものです。

あなたが買値は高く、売値は安くなるのが一般的です。

この差をスプレッドといい、取引会社の収入の一部になっています。

スプレッドの幅は取引会社によって違います。

スプレッドはあなたにとって出費になるので小さいFX取引会社をセレクトしたほうが優位です。

ただし、局面によってはスプレッドは変動します。

仮定としていつもは円とドルの通貨ペアでわずか1銭のスプレッドの広さだったとしても、為替相場の動きが激しい場面では3銭、4銭になる事があります。

なので、スプレッドが低いのと合わせて安定している事が肝心です。

近頃では決まったスプレッドの広さを提示するFX取引会社もたくさん存在しています。

実際に取引業者の売り買い画面上で為替レートを見なければ判別できないのですが大切な事です。

貴重な投資資金を投資して売り買いをするのだから現実の売り買いの前に、心惹かれた取引会社の取引口座開設を積極的にしてスプレッドの差を確かめましょう。

同じ通貨ペアでも、為替相場の状態によって通貨のスプレッドの広さは異なることがあります。

いつもはインターバンク相場で取引高が多いペアではスプレッド幅が小さく、あとの外貨ではスプレッドの差が拡大するのが一般的です。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.circleofhoperoundup.com All Rights Reserved.