睡眠不足で肌荒れになる

-

-

寝不足の翌日は肌がどよーんとして、いつも以上に乾燥します。

口角がかさついて赤くなったり、ニキビができるなど肌荒れを起こすこともあります。

寝ている間は成長ホルモンが分泌されています。

午後11時から午前2時は、特に成長ホルモンの分泌量が多い時間帯です。

成長ホルモンは細胞の修復や新生を行っています。

睡眠不足は成長ホルモンの分泌量を減らし、細胞の修復・新生がきちんと行われません。

そのため、肌荒れを起こしやすくなります。

胃が弱くて消化・吸収があまりできていないので、栄養が不足してもともと肌が荒れやすいのですが、睡眠不足が重なると肌の状態がさらに悪くなります。

なるべく早く布団に入るようにしているのですがなかなか寝付けず、夜中に起きてその後眠れなくなってしまうことがあります。

肌がきれいなモデルさんの中には8時間くらい睡眠を取る方もいるそうです。

肌荒れを治するには十分な睡眠時間を確保することが大切なんだな、と実感しています。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.circleofhoperoundup.com All Rights Reserved.